MMA/UFCファイターのインタビュー記事やムエタイ、ボクシング情報を発信している格闘技ブログ「MMA タイランド」

ラベル マックス・ホロウェイ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル マックス・ホロウェイ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年7月25日火曜日

ジョゼ・アルド「チームとは次の試合の相手の事について話し合いをしている。12月に試合をしたいがもし可能なら11月に復帰したい。」

19:39
マックス・ホロウェイに敗れ王座から陥落したジョゼ・アルド。次の目標としてはまず今月下旬に開催される世界柔術選手権への出場となりますが、その柔術選手権出場後について、今年度中にもう1試合MMAの試合をしたい意向を持っている事を明らかにしました。 「フェザー級のタイトルマッチ...

2017年7月6日木曜日

デイナ・ホワイト「ハワイでUFCが開催されない理由はUFC大会に適した会場がないからだ。」

22:56
UFCベルトを獲得する前から幾度となくUFCハワイ大会開催をアピールし続けてきた現UFC世界フェザー級王者のマックス・ホロウェイ。 UFC代表のデイナ・ホワイトもハワイ大会の開催には賛同しているようですが、実現には程遠いようです。 「俺がフェティータ兄弟とUFCを買収...

2017年6月11日日曜日

フランキー・エドガー, カブ・スワンソン 挑戦者として相応しいのはフランキー・エドガーか, それともカブ・スワンソンか? アメリカの格闘技サイトが投票を実施したところカブが人気を集める

9:56
新しいUFC世界フェザー級王者のマックス・ホロウェイが元UFC世界ライト級王者のフランキー・エドガーとの対戦を望む中、それに待ったをかけているのがカブ・スワンソンです。 BJPenn.comがフランキーとカブ、どちらが挑戦者として相応しいのか投票を実施したところ、なんとカ...

2017年6月7日水曜日

フランキー・エドガー「もしアルドが勝利していればバンタム級への転向も考えていた。」

14:19
次にマックス・ホロウェイに挑戦するのは誰になるのか。 チャンピオンのホロウェイ自身はフランキー・エドガーの名前を挙げていましたが、ファンの間ではエドガーやフェザー級3位のリカルド・ラマスらの名前が挙がり、またカブ・スワンソンはTV番組やSNSを通して早速アピールを始めてい...

2017年6月4日日曜日

マックス・ホロウェイ「フランキー・エドガーとハワイで防衛戦をしたい。彼は元チャンピオンだ、アンソニー・ペティス、アルド、そしてフランキー3人も元チャンピオンを倒せば俺の実績を揶揄するような批判もなくなるだろう。」

21:07
ジョゼ・アルドをTKOで下し見事フェザー級王座を統一したマックス・ホロウェイ。大会後の記者会見の場で初防衛戦の相手を聞かれたホロウェイは、元UFC王者を候補として考えている事を明らかにしました。 「ジョゼ・アルドをはじめ俺の実績にケチをつけるやつがいるが、俺とフランキー・...

注目されたUFCデビュー戦で敗北を喫しながらもその後チャンピオンになったファイター達: マーロン・モラエスも彼らに続くことが出来るか?

19:53
ここ5年間負けなしの13連勝でUFCデビュー戦を迎えた元WSOF世界バンタム級王者のマーロン・モラエス。 メインイベント以外では一番注目されたアンダーカードとなりましたが、期待された試合は対戦相手のハファエル・アスンソン共々消極的な試合運びとなってしまい、結果僅差の判定で...

2017年6月3日土曜日

マックス・ホロウェイ「1万5千人の観客が俺に対して一斉に死ねとチャントしてくるのが待ちきれない。」

16:08
ブラジルの観客による相手選手への挑発と言えば“Uh, vai morrer!” (お前はもうじき死ぬ!)というチャントが有名ですが、マックス・ホロウェイは早くこのチャントが聞きたくてしょうがないようです。 今夜のUFC212でジョゼ・アルドを相手にUFCフェザー級ベル...

2017年6月1日木曜日

バス・ルッテンが予想するUFC212 ジョゼ・アルド vs マックス・ホロウェイ戦の行方

17:25
バス・ルッテンが予想するUFC212 ジョゼ・アルド vs マックス・ホロウェイ戦の行方 ジョゼ・アルド: オーソドックス 「前回のフランキー・エドガー戦では素晴らしい戦い方をしたジョゼ・アルド。特にジャブは効果的だったしカウンターのタイミングもバッチリだった。 ...

2017年2月22日水曜日

2/22 MMAニュース マックス・ホロウェイ ホゼ・アルドについて語る / ジャカレイ・ソウザ マイケル・ビスピンをディスる

20:15
マックス・ホロウェイ「ホゼ・アルドが俺との戦いをきっかけにレスラーになったとしても驚かない。」 「俺の戦い方に異論の余地はないだろう。とにかくスタンディングで戦い続けるだけだ。打撃が得意なファイターと試合が決まると、決まって俺の打撃にケチをつけるやつがいる。アンソニー・ペティ...