MMAファイターのインタビュー記事やムエタイ、ボクシング情報を発信している格闘技ブログ「MMA タイランド」

2017年5月15日月曜日

アメリカの格闘技サイト「MMA MANIA」が選ぶアジアMMAのスター候補達

「asia mma star」の画像検索結果
アメリカの格闘技サイト「MMA MANIA」が選ぶアジアMMAのスター候補達

ONE FCやRIZINなどの活躍もあり再び注目を集めているアジアのMMA。昨年アンジェラ・リーが大活躍しUFC以外の選手としては唯一ファイタ―・オブ・ザ・イヤー候補にノミネートされていました。

次に続くのは誰なのか、アメリカ人の視点からみるアジアMMAのスター候補達

「Li Kai Wen」の画像検索結果
ウェン・リーカイ
国:中国
主戦場:ONE Championship

ONE FCで5勝1敗の成績を残しているリーカイ。まだ21歳という将来性とここ数年の成長度合いから、アジアMMAのフェザー級の中心になっていく存在と言っても過言ではありません。中国出身のフェザー級としては間違いなくNo.1の存在と言えます。


2016年のマーチン・ヌグエン戦は負けてしまったものの試合内容は高く評価されています。

「那須川天心」の画像検索結果
那須川天心
国:日本
主戦場:RIZIN

18歳の那須川天心ですが、すでに100試合以上のムエタイの経験があり、2016年にはルンピニースタジアムの現役王者ワンチャローン・PKセンチャイジムをKO勝ちで下しています。同年MMAへの参戦を表明しこれまで3戦3勝の成績です。

キックでは武尊や石井一成らとの対戦が期待です。


ダニー・キンガド
国:フィリピン
主戦場:ONE Championship

アマチュア、プロを通して未だに負け知らずの21歳のキンガド。ユージーン・トケーロをサブミッションで破ったことで一躍名を挙げました。フィリピンのトップファイターのうちのひとりです。

学生時代に武術太極拳のトレーニングをする中でMMAと出会いエドゥアルド・フォラヤンらとトレーニングをしながら技術を磨いていったようです。ちなみに現在もザ・コーディレラス大学の学生でありMMAと学業との両立を目指しています。

「BU HUO YOU GA」の画像検索結果
マ・ハオビン
国:中国
主戦場:ONE Championship/ROAD FC

長沙バンタム級トーナメント優勝者で、2016年は5度戦い4勝1敗の成績を残したハオビン。1年で5回というハイペースで戦うことが出来ます。

「PONGSIRI MITSATIT WIKI」の画像検索結果
ポンシリ・ミタシット
国:タイ
主戦場:ONE Championship

タイのMMA団体FULL METAL DOJOで経験を積んだ後ONE Championshipと契約し2戦2勝。デビューからの連勝記録を8まで伸ばしています。また現在5試合連続ノックアウト勝ちを記録しています。

14歳でムエタイを始めていますが当初は家族がムエタイに反対していたこともあり、家族に隠れて試合をおこなっていたようです。家族が知ったのは30試合程経験した後だったようですが、その時はすでに家族の理解もありムエタイを続ける事が出来たようです。

その後ムアンチエンマイ郡のムエタイチャンピオンになりチームクエスト・タイランドでムエタイを教えていたのですが、その中でMMAへの情熱が高まり2014年よりMMAのトレーニングを開始することになります。

※チームクエストはもともとランディ・クートゥア、マット・リンドランド、ダン・ヘンダーソンらと立ち上げられています。

「CJ de Tomas ufc」の画像検索結果
ジョン・デ・トーマス
国:フィリピン
主戦場:UFC

フィリピンのMMA団体Universal Reality Combat Championshipでデビューしそこで6連勝を記録。フライ級のチャンピオンにまで上り詰めましたが今年の4月にUFCと契約しUFCシンガポール大会で同じくUFCデビューを飾る予定の井上直樹を相手に戦うことが決まっています。


アハメド・ムシュタバ
国:パキスタン
主戦場:ONE Championship

2016年にWSOFグローバルフェザー級王座選手権を制しチャンピオンに輝いたムシュタバ。その後ONE Championshipに移籍し現在1勝1敗の成績を残しています。2014年~15年のパキスタンのグラップリング大会では優勝、準優勝を1度づつ、2度3位に輝いています。

「田丸匠」の画像検索結果
田丸匠
国:日本
主戦場:修斗/VALE TUDO JAPAN

修斗やVALE TUDO JAPANを主戦場にしこれまで負けなしの7勝1分けを誇る田丸匠。判定勝ち1回を除いてはすべてサブミッションかノックアウトで決着をつけています。また7勝の中には元修斗世界バンタム級王者漆谷康宏をサブミッションで下した試合も含まれています。

http://mmasucka.com/2017/03/01/pongsiri-mitsatit-determined-improve-familys-lives-mma/
http://www.mmamania.com/2017/1/5/14175676/ten-asian-mma-prospects-to-watch-in-2017
https://onefc.com/articles/how-danny-kingad-turned-his-life-around-through-martial-arts/

0 件のコメント:

コメントを投稿