MMA/UFCファイターのインタビュー記事やムエタイ、ボクシング情報を発信している格闘技ブログ「MMA タイランド」

2017年5月16日火曜日

タイロン・ウッドリー「俺が興味あるのはGSPやニック・ディアスとの戦いだ。デミアン・マイアはもうちょっと出番を待つ必要があるかもしれない。」



UFC211でホルヘ・マスヴィダルを僅差の判定で破り2014年以来負けなしの7連勝を飾ることに成功したデミアン・マイア。

大会後デイナ・ホワイトは、三度マイアこそが次期タイトル挑戦者だと明言していましたが、思い通りにいかないのが世の常。マイアの想いは果たして届くのか。しかし残念ながらチャンピオンのタイロン・ウッドリーはマイアには興味がないようです。

ESPNとのインタビューの中でウッドリーはマイアと戦う事に問題はないものの、ジョルジュ・サンピエールやニック・ディアスが第1候補でマイアは彼らの代役扱いといったところのようです。

「俺はGSPやニックとの試合の方がリアルな試合だと思っている。ここ何週間にも渡
り色々な事を言ってきたが、俺が求めているのはGSPやニックとの試合だ。デミアン・マイアはもうちょっと出番を待つ必要があるかもしれない。」

現UFCミドル級チャンピオンのマイケル・ビスピンとの試合がおじゃんになってしまったばかりのGSPにとれば最高の復帰舞台に、またニックにとっても2年間の謹慎生活明け1発目の試合がタイトルマッチであればこの上ない再出発となりそうです。

「ニック側も100%興味がないわけではない。彼らは興味を持っている。あとは彼にとって出場に値する契約内容なのかどうかが焦点になってくる。

もうこの業界はランキング形式ではなくなってしまった。ファンがその試合に興味を持っているのか、どれだけこの試合でお金を稼げることが出来るのかが対戦相手を選ぶ際のポイントになってきている。彼らとの試合は間違いなくファンの注目を集めることが出来るから実現の可能性は高いと思っている。」

その中でもウッドリーの第1希望はウェルター級史上最高の選手と称えられているGSPとの対戦らしいのですが、彼はGSPがウッドリーのパワーを恐れて対戦を拒否するだろうと予想しているようです。

GSP戦は難しくニックも微妙な中、現実的な相手はマイアとなりますが、

「マイアはすでにUFCでは過去の存在となっている一芸に秀でたファイターだ。彼の他にはスティーブン・トンプソンがいる。たまたま彼らが俺の階級にいるだけなのかもしれないが、2試合続けて空手対策をひたすらやるのは精神的にも辛かった。また同じようなトレーニングキャンプを過ごさなければいけないかと考えるだけでつらい。ただ俺はマイアに苦戦するとは思っていない。むしろこの3人の中で一番楽な相手だろう。」

http://www.lowkickmma.com/instant-articles/to-no-surprise-woodley-reveals-why-maia-may-have-to-take-a-backseat/

0 件のコメント:

コメントを投稿